【新世紀エヴァンゲリオン】アルミサエル戦で綾波レイは死亡した?零号機の自爆の仕組みも紹介

VSアルミサエル 綾波レイの生死と零号機の自爆の仕組み
  • URLをコピーしました!

『新世紀エヴァンゲリオン』で第16の使徒アルミサエルを巻き込んで自爆した綾波レイですが、死亡したのか生存したのか分かりづらくなっています。

それもそのはず、背景にはレイの正体やゲンドウの思惑などが絡んでいるのです。

というわけで本記事では

  • アルミサエル戦で綾波レイは死亡したのか
  • リツコの「このことは極秘とします」の真意
  • 零号機の自爆の仕組みとアルミサエルを倒せたカラクリ

について解説・考察していきます。

TSUTAYA TV
  • 月額2,052円(税込)が初回30日間無料
  • シン・エヴァの過去作のDVD
    サントラなどのCDがレンタルできる
  • ビデオフォーマット版もレンタル可
  • ご自宅までお届け
  • 無料期間中の解約であれば料金は発生しない
目次

アルミサエル戦で綾波レイは死亡したのか

クエスチョンマーク

まず結論ですが、綾波レイはアルミサエル戦での自爆により死亡したと考えられます。

理由は以下の通りです。

  • エントリープラグ内に黒コゲになったレイの手が見える
  • 救出を急いだ素振りがない

自爆後の零号機の回収作業にて、リツコと男性職員がエントリープラグ内をのぞき込むシーンについて。

ぼやけている上に周りと同化していて分かりにくいですが、手前に黒コゲになった手が映っています。

救出を急ぐような素振りがないことも加味して、死亡したと捉えるのが自然でしょう。

では病院にいたレイは何者かというと、2人目が死亡したことで新たに生み出された3人目です。

これは、病院でのアルミサエル戦に対する会話から判断できます。

碇シンジ「覚えてないの?」

綾波レイ「いえ、知らないの。たぶん、私は3人目だと思うから」

新世紀エヴァンゲリオン 第弐拾参話 涙 より引用

「覚えてない」ではなく「知らない」ということは、もう以前のレイではなくなっているということです。

新しく3人目を生み出せることに関しては、下記のようなレイの正体にそのカラクリが隠されています。

リリスには魂がなかった。そして、その魂は、レイに宿っていた。

レイの肉体は、コピーで幾らでも作れた。だが、レイそのものが常に一体しか存在しえなかったのはこのためである。

レイは、ユイの肉体のコピーであっても、魂はそうではなかったのである。

新世紀エヴァンゲリオン2 機密情報 より引用

つまり肉体がどうなろうと魂さえ無事であれば、何体でも新しく生み出せるというわけですね。

『新世紀エヴァンゲリオン2』はゲームですが、機密情報については公式が監修したものなので信用できます。

以上のことから、アルミサエル戦での自爆により2人目のレイは死亡。その後あらかじめ作っておいた肉体にリリスの魂を宿すことで、新しく3人目が生み出されたと考えられます。

ただそのように考えると、いくつか不可解な点が生じるかと思います。

具体的には以下の通り。

  • ミサトやシンジにはレイが生存したと伝えられる
  • 病院でレイが眼帯をして包帯を巻いている

まるで「アルミサエル戦で大怪我を負ったものの、なんとか生存した」かのようですが、これらはレイが死亡したことを隠すためにゲンドウらが仕組んだ偽装工作と予想できます。

このような偽装工作が必要な理由ついては、このあと詳しく紹介します。

リツコの「このことは極秘とします」の真意

トップシークレット

自爆後の零号機の回収作業にて、エントリープラグをのぞき込んだリツコが言った「このことは極秘とします」についてです。

先ほど述べた通り中身は黒コゲのレイと思われるので、リツコはアルミサエル戦でレイが死亡した事実を極秘としたことになります。

では、なぜ極秘にする必要があるのかですが、おそらくレイの正体をゼーレに知られないためでしょう。

ゲンドウは「ユイとの再開」というゼーレの意に反する計画を立てており、この計画にはレイが必要不可欠。

ゲンドウは復元中のアダムの欠片と融合し、レイ=リリスとの融合を経て初号機との融合(ユイとの再会)を果たそうと思っている。

ゲンドウは反逆の意志を悟られぬよう動き続け、ゼーレはこれを厳しく監視し、場合によっては脅しをかけている。

新世紀エヴァンゲリオン2 機密情報 より引用

もし仮に死亡したと公表した場合、レイが生き返ったことになってしまうので、ゼーレが黙ってはいないでしょう。

そうなれば複製された肉体にリリスの魂が宿っていることがバレ、ゲンドウの計画が破綻してしまう恐れがあります。

だからこそ「アルミサエル戦で大怪我を負ったものの、なんとか生存した」と偽装工作する必要があったわけですね。

ただ爆発の規模からして怪我で済むはずがないため、この偽装工作はかなり無理があったようで、ゼーレはレイ本人の尋問を要求します。

当然ゲンドウはこれを拒否し、その代わりとして裸のリツコを差し出すことでお茶を濁したわけです。

よって、

  • リツコがレイの死亡を極秘とする
  • アルミサエル戦でレイが生存したかのように見せかける
  • ゼーレからのレイ本人の尋問の要求を拒否し、裸のリツコを差し出す

以上のことはすべてレイの正体をゼーレに悟られないため、ひいてはユイに再開するためのゲンドウの策略であると考えられるのではないでしょうか。

零号機の自爆の仕組みとアルミサエルを倒せたカラクリ

爆発

ここからは、零号機とアルミサエルの戦いを順を追って見ていくことで、自爆の仕組みと自爆でアルミサエルを倒せたカラクリを考えます。

大事な部分は以下の通り。

  1. 零号機とアルミサエルが生体融合
  2. レイが零号機のA.T.フィールドを反転させる
  3. 「A.T.フィールドが消えてしまう」と言ってレイは脱出せず
  4. 零号機が自爆

それでは順番に詳しく見ていきます。

①零号機とアルミサエルが生体融合

アルミサエルの攻撃により零号機が5%以上生体融合されます。

この時点では、まだ部分的にしか生体融合していないことがポイントです。

②レイが零号機のA.T.フィールドを反転させる

マヤ「A.T.フィールド反転!一気に侵食されます」

リツコ「使徒を押さえ込むつもり?」

新世紀エヴァンゲリオン 第弐拾参話 涙 より引用

「一気に侵食されます」という表現から使徒が零号機を侵食したかのように感じますが、零号機のA.T.フィールドを反転させたのはレイです。

つまり、わざとアルミサエルから侵食されたことになります。

これまでは普通にA.T.フィールドを展開して生体融合に対抗していましたが、反転させることで逆に生体融合を促したのです。

この結果、零号機のほとんどがアルミサエルと生体融合している状態、つまり使徒を零号機に押さえ込んだというわけですね。

③「A.T.フィールドが消えてしまう」と言ってレイは脱出せず

ミサトの「機体は捨てて逃げて!」の呼びかけに対し、レイは「A.T.フィールドが消えてしまう」との理由で拒否します。

これは、機体を操縦するレイが脱出したら零号機のA.T.フィールドが消え、せっかく押さえ込んだアルミサエルが元に戻ってしまう、という意味でしょう。

④零号機が自爆

マヤが「コアが潰れます。臨界突破!」と言ったように、コアが潰れたことによる自爆となります。

ここでいうコアは、アルミサエルではなく零号機のものです。

アルミサエルを押さえ込んだ状態で自爆したため倒せたというわけです。

ちなみに零号機のコアが潰れると爆発する原理は、使徒がコアを破壊されると爆発して消滅するのと同じと予想できます。

よって、零号機の自爆の仕組みはこのようになります。

  1. 零号機とアルミサエルが部分的に生体融合
  2. レイは零号機のA.T.フィールドを反転させ、わざと侵食されることで使徒を押さえ込む
  3. A.T.フィールドを展開し続け、使徒の押さえ込みを維持
  4. この状態で零号機はコアが潰れることにより自爆

そして零号機の自爆でアルミサエルを倒せた理由は、零号機がアルミサエルを押さえ込んだ状態、つまり大部分が生体融合した状態で自爆したから、と考えられるのではないでしょうか。

ちなみにNetflixなどのネット配信で観られるのは全てオンエアフォーマット版で、自爆シーンだけでも上記のような解説がいるほどに説明・描写不足です。

一方ビデオフォーマット版や漫画版では使徒を押さえ込むシーンなどがしっかりと描かれており、分かりやすくなっているので、ぜひご覧になってみてはどうでしょうか。

ゼルエル戦での自爆との違い

綾波レイはアルミサエル戦だけでなくゼルエル戦でも自爆していますが、ゼルエル戦では生存、アルミサエル戦では死亡しています。

では何がレイの生死を分けたかといいますと、A.T.フィールドで爆発の衝撃を防いだか防いでないかであると考えられます。

まずアルミサエル戦ですが、先ほど述べた通りコアが潰れたことによる自爆となります。

つまり零号機の内部から爆発したことになるので、A.T.フィールドでは防御できないでしょう。

もしくはA.T.フィールドを反転させて使徒を押さえ込んでいたので、防御力が0だったとも考えられます。

どちらにせよ、A.T.フィールドによるガードはありません

一方ゼルエル戦は、零号機の手に持ったN2爆弾により自爆しています。

N2爆弾は手を伸ばした先で爆発しているため、腕以外はA.T.フィールドで防御できたと予想できます。

その証拠に自爆直後の零号機は原型をとどめています。

よってゼルエル戦とアルミサエル戦では、A.T.フィールドで爆発の衝撃を防いだか防いでないかがレイの生死を分けたと考えられるのではないでしょうか。

\ 貞本エヴァが全巻40%OFFで読める /

大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】

【公式サイト】Amebaマンガ

まとめ

最後に内容をまとめます。

アルミサエル戦でレイは死亡したのか

2人目が死亡し、3人目が新しく生み出された

レイの正体をゼーレに悟られないため、ひいてはユイに再開するためのゲンドウの策略
  • リツコがレイの死亡を極秘とする
  • アルミサエル戦でレイが生存したかのように見せかける
  • ゼーレからのレイ本人の尋問の要求を拒否し、裸のリツコを差し出す
零号機の自爆の仕組み
  1. 零号機とアルミサエルが部分的に生体融合
  2. レイは零号機のA.T.フィールドを反転させ、わざと侵食されることで使徒を押さえ込む
  3. A.T.フィールドを展開し続け、使徒の押さえ込みを維持
  4. この状態で零号機はコアが潰れることにより自爆
自爆でアルミサエルを倒せたカラクリ

零号機がアルミサエルを押さえ込んだ状態、つまり大部分が生体融合した状態で自爆した

ゼルエル戦とアルミサエル戦の自爆の違い

A.T.フィールドで爆発の衝撃を防いだか防いでないかがレイの生死を分けた

最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆さんの『新世紀エヴァンゲリオン』に対する理解の手助けになれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる